帯広中央青果の野菜

富良野赤肉メロン
富良野赤肉メロンは昭和45年頃から本格的に取り組み始めたと言われています。平成26年度の作付面積は175haとなっています。富良野は北海道のほぼ中央にあり、富良野盆地の内陸性気候により寒暖の差が大きく、広大な土地、雨が基本少ない、長い日照時間と美味しいメロンを栽培するには適しています。…続きはコチラ>>
富良野赤肉メロンイメージ
メークイン(じゃがいも)
北海道のジャガイモといえば、メークインの品種の由来は、中世の春の村祭り(メーデー)の際、村の娘の中から選ばれる女王にちなんだものです。原種はイギリスのチェルテンハムに近いハンサムという地域が原産地となっています。日本での発祥の地は北海道の厚沢部町とされていますが、全国的に広まったのは関西からでした。メークインの誕生は男爵芋よりずっとあとで大正時代になってからです。昭和30年に…続きはコチラ>>
メークイン(じゃがいも)イメージ
北あかり(じゃがいも)
今や北海道のジャガイモを代表する一つの銘柄、北あかりは昭和50年北海道農試において、男爵薯とツニカを交配し昭和62年に誕生した比較的新しい品種です。名前の由来は育成地、および線虫被害から守る希望と明るさを表現していると言われています。主に羊蹄山麓、上川、十勝などで栽培しています。黄金男爵と言われる場合もあります。表皮の色や形は男爵と似ていて扁球形でゴツゴツした形をしてい…続きはコチラ>>
北あかり(じゃがいも)イメージ
アロマレッド人参
アロマレッド人参はトーホクと東洋大学植物機能研究センターとの共同開発品種です。春・夏まき兼用品種となっていて、適期栽培で110日前後で収穫できます。バラの香りの成分であり、香水の原料となる香り成分「ブルガリアン・ローズ」に含まれるダマセノンの含有量がこれまでのニンジンに比べて多く、食べると口の中にフルーツのような香りが広がります。(東洋大学 下村講一郎教授調べ)根長はやや…続きはコチラ>>
アロマレッド人参イメージ
グリーンアスパラガス
アスパラガスの原産地は南ヨーロッパとされています。少なくとも紀元前200年頃にはギリシャやローマで栽培が行われていて、食用のほかに薬としても利用されていたようです。そのあとはヨーロッパで広く普及し、さらにアメリカにも広がりました。日本へは江戸時代後半に観賞用として伝来されたと言われています。本格的に栽培されるようになったのは1923年以降とされています。主な産地としては北…続きはコチラ>>
グリーンアスパラガスイメージ
ブロッコリー
ブロッコリーの原産地はイタリア地中海沿岸とされています。アブラナ科アブラナ属で緑黄色野菜です。和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花梛菜)・ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花梛菜)イタリアで花を食用とするキャベツの一種が品種改良されて今のブロッコリーの形になりました。日本でも栽培は行われていましたが収穫後の低温流通が難しく本格的に進んだのは1980年代ごろだと言われています。…続きはコチラ>>
ブロッコリーイメージ

配送料について
帯広中央青果では全国送料無料となっております。
返品交換について
当店では、原則としてお客様ご都合による返品はお受けできません。
配送中の事故や不良品につきましてはお手数ですが3日以内にご連絡くださいませ。
お支払いについて
郵便振替、代金引換(手数料324円)、もしくはクレジットカードでのお支払いになります。
・代金引換
手数料¥324となります。商品配達時にお支払いください。
・郵便振替
注文確定後に振込先をメールにて送信します。
・クレジットカード
手数料無料です。ご決済確認後の発送となります。 ※クレジットカードのセキュリティはグローバルサインのSSL暗号化により保護されておりますので、ご安心くださいませ。
クレジットカードアイコン